SSブログ
ご訪問をありがとうございます。

『アイアンマン』 (2008) [映画 (~2008 鑑賞作品)]

 いままで、どのくらいのアメコミが映画化されたのだろう。どちらかと言えば決して嫌いではないクチなので、時間さえあれば観に行ってしまう。だいたいが映画化されても、出処ゆえの消すことの出来ないB級の香りプンプンなんだから、私は甘い蜜に抗しきれない蜂のように、否応なく、つい吸い寄せられてしまうのだ。


 で、『アイアンマン』である。予告編を見ただけでも、B級以外の何者でもない、見事な"掴み"だ。そう、別に観なくても後悔はしなさそう、別にDVDでもOK!とでも、言わんばかりに立派な存在感を漂わせていた。

 主要登場人物の少なさ、脇キャラクターのステロタイプ度、スケールがデカいようで実は小さな世界でしか物語が展開されない・・・、なんとも後腐れのない潔い生い立ちや成り立ち、個人的には、全部、褒め言葉として理解しているつもりだ。B級の楽しさ、ここにありである。

 そうそう、本題、本題。

 『アイアンマン』は、実にその点を踏まえた上で、よく出来ている。しっかり、地に足が着いている。演出も存在もチャラチャラしていないのだ。堂々と"我が成せる事と"受け止める兵器産業の胡散臭さも、結局は最後にビジネスパートナーが背負ってくれるので、観ている方はついつい忘れてしまうのだ。


 この作品は、映画化アイアンマン・シリーズの第1作「いかにして私は私をアイアンマンとして製作したか」篇である。1作目なので、ドハデぢゃなかったりする。後に続く作品のためにも、である。

 第1作目で、やらなきゃいけないのは、主人公のカッコよさをいかに見せるかである。子供なら憧れる、簡単には手に入れられないであろう、数々のカッコよさ。そりゃ、女の子にもモてなきゃダメだし、豪邸だって見せつけてくれなきゃ(でも、もう一捻り欲しかった)、アフガンへの移動手段だって、別にこんなに踊るCAはいらないだろ、ってところまで、見せてくれれば、無駄と知りつつ納得してしまう私なのだ。

 テンポよく、歯切れよく、ストレートに、物語は進行する。1号機から3号機までの進化していく、製作過程で見せてくれるパワードスーツの美しさよ。なんとも、映像として美しいのだ、その過程が。

 手堅く纏まった、良い出来の、アメコミ映画化作品です。役者も手堅いところを揃えてます。的外れなツッコミだけは、して欲しくないなぁ。

 面白いんだから、いいんです。心の中では100点、でも、人には「78点ぐらいかなぁ」、と言っておこう。

 ところで、 ロバート ダウニーJr.、ラストに向かってラテン系っぽい顔になっていくんだけど、何故? ちょっとイカガワしい雰囲気も漂わせておりました。それも、演技力なのかなあ・・・・、当然!。

《 転載 2008.10.23 (14:18:05) 》



『アイアンマン』
アイアンマン (2枚組) [Blu-ray]アイアンマン (2枚組) [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-03-18
売り上げランキング : 1200

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。