SSブログ
ご訪問をありがとうございます。

『迷子の警察音楽隊』 (2008) [映画 (~2008 鑑賞作品)]



 とても行間が豊かな作品で、まったりな演出リズムも、なかなかのものだと思います。

 シンプルな映画なんだけれど、結構いろいろな点で深いと思います。

 殺伐とした風景、無機質な風景、荒涼とした風景の中に、閉じ込められたような、人間の息遣いが、どこからともなくため息みたいに、漏れてくるような作品です。

 登場人物たちが母国語ではなく、カタコトの英語で会話を交わす、ただそれだけでも、この作品の持つ意味深さは大きいと思います。殆どのふれ合いの仲介役が、外国(米国?)発信のものであるところも、驚きます。
Flixster - Share Movies

 いくつかのハートウォーミングなエピソードが淡々と綴られていくので、単なるコメディというか、青春映画や恋愛映画を観ている感覚に陥りそうですが、観客がエピソードそのものに興味を惹かれたところで、底にある越えられない壁と、簡単に越えることの出来る溝との、曖昧な境目で右往左往することの空しさと希望が、うっすらと浮かび上がってくるところが、作品の芯でもあるように思います。

 イスラエルとかエジプトを越えて、英語で会話する両国人を、また英語で理解しようとする観客の切なさ。そんな歯がゆさも魅力となる、佳作だと思います。

 とにかく、殆どがうっすら見え隠れするような行間を読む作品って、滅多にお目にかかれないので、出会えてホントに良かったと思います。


The Band's Visit (Bikur Ha-Tizmoret)

 ところで、イスラエルの人ってテレビから流れるオマー・シャリフのセリフを理解しているってことなら、すごいな、と思います。きっと「冬ソナ」みたいな大恋愛映画なんでしょうね。

 もしかしたら、この映画、昨年封切られた洋画では、個人的にはイチバンかもしれないです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

SOSEGON

よーじっくさんは、ときどきとんでもない映画を紹介してくれます。
この映画なんて、このブログを読んでなかったら、
絶対名前も知らずにスルーしていますね。

邦画でも、よーじっくさんのレビューで観た映画がたくさんあります。
これも僕の範疇にない映画なので、観てみると案外ハマるかもしれませんね。
ちょっと興味を持ちました。
by SOSEGON (2009-10-03 22:08) 

よーじっく

SOSEGONさん、こんにちはぁ(^^)/

音楽隊が主人公なんで、いろいろ音楽がらみの
シーンも出てきて、面白く見れました。

私は冒頭の空港周辺の映像を見た時点で
「好みかも・・」なんて、ひきつけられたんですが
舞台が団地に移ってからが、さらに良かったです。

この作品も、観る人を選ぶ映画かもしれません。(^_^;)

by よーじっく (2009-10-03 22:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。