SSブログ
ご訪問をありがとうございます。

『ポー川のひかり』 (2009) [映画 (2009 鑑賞作品)]

550 ポー川3.jpg
【あらすじ】 イタリアの古都・ボローニャの大学で、大量の古文書が太い釘で打ち抜かれる事件が発生する。容疑者として浮上したのは、将来を嘱望されていた哲学科の主任教授(ラズ・デガン)。彼は前日の学年末授業を終えた後、忽然と姿を消していた。警察が捜索を開始した頃、教授はあてもなく車を走らせていた。やがて車も身分証も捨て、教授は雨宿りをした川岸の朽ちかけた小屋に住み始める。郵便配達の青年ダヴィデやパン屋の娘ゼリンダと知り合ったのをきっかけに、親切で素朴な村人たちと交流を深め、生きる喜びを再び見出す教授。だが、港の建設が計画され、ポー川の静かな暮らしに大きな変化が訪れようとしていた。

ポー川2.jpg


 どこか懐かしげな、この作品はいつか観た映画を思い出させる。

 これといって何か1本、タイトルが浮かんでくるわけでもないのに、過去に観た映画の断片が繋ぎ合わされて作られているような、錯覚を覚える。

 エルマンノ・オルミ監督は、かなり老齢のはずで、枯れた穏やかな作品を作りそうな気がするし、実際『ポー川のひかり』は、そんな映画だと思う。

 けれど、作品の底に流れているのは、かなりエネルギッシュなものでもある。ネオリアリズモの時代から、映画を作り続けている、なんて聞くと変に納得してしまうんだけれど、ちょっと私にも先入観みたいなものがあるのかもしれない。

 作品の土台はキリスト教という、根っこの部分に関する「思い」なんだろうし、そこから広がっていく生きるという事に対する「思い」なんだろうなあ、と簡単に解釈してしまうのは、危険かもしれないのかな。

 しかし、映画の流れは、冒頭の「古文書釘打ち事件」の緊迫感のある描写とは、真逆の静かでゆったりした色調へとあっさりと転換され、いつのまにか作品を支配しているのは「ただそれだけ」の、生活の営み。

 そう、お話は何気ない人々の日常描写へと呑み込まれていってしまうのだ。たしかに、それなりに事件は起こるのだけれど、監督の広げた腕のなかで、観客ものんびりと「お話」を楽しむといった位置にいる事に安心したりする。

ポー川.jpg

 懐かしがって観てはいけないのかなと思いながら、それでいいんだとも思わせる不可思議なここち良さは、やはり枯れた監督の手の内なのかもしれない。

 村人から「キリストさん」と呼ばれた主人公が、俗世間(学問としてのキリスト教?)と決別するように、持ち物をポー川に投げ捨てるシーンがあるのだけれど、現金とかクレジットカードとか、そこらへんはしっかりと残しているところが、この作品の「したたかな」ところであり、「生きる」ということへの「したたかさ」なんだろうな、と私は感じた。ほのぼのとしてるけど、生きることへの真面目さを詠った映画なのかも。

 余裕があるときには、こんな映画もいいよね、って言ったらマズイかな。

 私の大好きな「Le colline sono in fiore(花咲く丘に涙して)」が、劇中ほんの10数秒ハーモニカで流れてきて、かなり嬉しかったです。映画館からの帰り道、ずっと口ずさんでいました。(^_^)



 



nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 6

よーじっく

@ミックさん、こんにちはぁ(^_^)/

ご訪問とnice! 、嬉しいです。
どうもありがとうございます。
m(__)m

by よーじっく (2009-11-10 10:36) 

よーじっく

ほりけんさん、こんばんはぁ(^_^)/

ご訪問とnice! 、感謝です。
どうもありがとうございます。
m(__)m

by よーじっく (2009-11-10 21:26) 

久遠

よーじっくさん、こんばんは!
よーじっくさんのこの映画の感想を読んで、なんだかワタシも懐かしい気分に浸ってしまいました。
「余裕」がある時に観たい映画って意外と出会えないかも、と、思いました。

by 久遠 (2009-11-10 23:10) 

よーじっく

心も時間も余裕があるって、状況は
きっと、映画を好きになり始めた頃の
かなり以前には、あったような気がします。

久遠さん、こんばんはぁ(^^)/

『ポー川のひかり』は、内容も佇まいも
そんな時期を、思い出させてくれた
映画でした。いわゆる小品ですが
いとおしさを感じる作品です。(^_^)

コメントとnice! 、ありがとうございます。
m(__)m
by よーじっく (2009-11-11 22:22) 

よーじっく

丹下段平さん、こんばんはぁ(^_^)/

ご訪問とnice! 、感謝です。
どうもありがとうございます。
m(__)m
by よーじっく (2009-11-11 22:30) 

よーじっく

釣られクマさん、こんばんはぁ(^_^)/

ご訪問とnice! 、嬉しいです。
どうもありがとうございます。
m(__)m
by よーじっく (2009-11-11 22:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。