SSブログ
ご訪問をありがとうございます。

『クヒオ大佐』 (2009) [映画 (2010 鑑賞作品)]

クヒオ.jpg

チェック:吉田和正原作の「結婚詐欺師 クヒオ大佐」を映画化した、型破りな人間ドラマ。日本人でありながら西洋人のような容ぼうを生かし、自分はアメリカ空軍のパイロットなどと偽って女性たちから約1億円を巻き上げた実在の結婚詐欺師の真の姿に迫る。どこか憎めない詐欺師役に『南極料理人』の堺雅人。彼に無償の愛をささげる女性を『余命』の松雪泰子らが熱演する。付け鼻をして、何とも不思議な主人公に成り切った堺と3人の女性たちの物語に夢中になる。  《 シネマトゥデイ 》 より

 余り良い評判が聞こえてこなかったので、実は期待していなかった。というよりどこがマズいんだろうと思って興味津々で映画館に出かけた。

 しかし、なんか面白かったんです。期待過多じゃない分、冷めた目で観ていたからなんでしょうか。空回りする監督の思惑が、やけに可愛く私には思えてしまったんですね。第1部とか第2部とか、まあくだらないお遊びが、切なくなるぐらい作品のウソっぽさを引き立ててくれています。

クヒオ チラシ036.jpg ウソっぽいといえば、主役を演じる堺雅人が、他の映画で漂わせている何を考えているかわからない腹に一物ある雰囲気を飛び越えてしまっていて、本来ならアタリ役のはずなのに、ごく普通の「胡散臭さ」に見えてしまう「裏返し」の皮肉。

 「あっ、この人 (堺雅人自身じゃないですよ) って、何も考えていないんだ、クヒオ大佐を演じる事に酔っているだけなんだ、ホントはカラッポの人なんだ」などと、どうしても見えてきてしまう。

 これを映画として成功ととるか失敗と解釈するか難しいところですが、監督は役者・堺雅人に何を期待したんだろうと、考えてしまいました。
 
 それは、松雪泰子にも中村優子にも、そして満島ひかりにも当てはまる事で、これだけ役者が揃えば、詐欺師映画としては成功しないわけはない。ご丁寧に内野聖陽や安藤サクラまで並べれば、つまらないわけがない・・・、なのに詐欺師が活躍して、「よっ、大統領!大したもんだよ、カエルのしょんべん・・・」という楽しさなんて殆どなくて、単なる思い込み人間の悲しい哀れなお話になってしまっている。

 満島ひかりの「何故、私なのよ」が、かなり空しく響いてくる。ホントに惚れてたのかな?彼女たちの至福の時間って、どこに描かれていたっけ?松雪泰子だって、恋に恋する思い込み人間にしか見えないし、生身の人間らしさが伝わってこない。みんな夢の中の出来事みたいに、スクリーンの中でカラカラ音を立てて、空回りしている。

クヒオ2.jpg クヒオ大佐ことタケモトタケオの幼少時代の回想から、「トップガン」のトム・クルーズへと変身していく主人公の様は、なんとも哀切があって、いちばんクヒオ大佐に惚れていたのは騙された女たちではなくてタケモトタケオ自身だったんだなってのが、よくわかります。限りなく男の哀愁なんですね。

 結局、この映画って、湾岸戦争とか日本だ米国だと、チャラチャラした包装紙で飾ってはみたけれど、哀れな男の幻想に付き合わされた女たちも、追いつめられれば、やっぱり強いんだよね、ああ、女は怖い、って映画なのかな・・・(かなり疑問形なのは、監督が開き直れていないからなんだけど)。

 「幻想を全うしろ」と迫る松雪泰子の潔さの前で、クヒオ大佐は逃げるしかないし、監督はテキトーにお茶を濁すしかなかったって感じで、なんとも男の土壇場の優柔不断さを醸し出していて、悲しくもおかしな映画でした。

 突き抜けた胡散臭さではなく、作品としての出来が胡散臭かっただけという寂しさは、それもまた「をかし」だったりするんですけれど・・・。


 
nice!(11)  コメント(14)  トラックバック(6) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 14

エコピーマン

女性は ホント強いですね~
by エコピーマン (2010-01-07 02:35) 

SOSEGON

すごく観たい映画です。
堺雅人も好きだし、吉田大八監督も好きだし!

なんか胡散臭いところがこの映画の魅力のようですね。

ちなみに満島ひかりって、
10年ぐらい前にちょっと活躍した“ホルダー”のメンバーですよね。
大人になったもんだ!!
by SOSEGON (2010-01-07 05:28) 

よーじっく

xml_xsl さん、こんぱんはぁ(^^)/

いつも、ご訪問とnice!をいただき
ありがとうございます。嬉しいです。m(__)m
by よーじっく (2010-01-07 21:17) 

よーじっく

はっこう さん、こんぱんはぁ(^^)/

ご訪問とnice!を、いつもありがとうございます。
感謝です。m(__)m
by よーじっく (2010-01-07 21:17) 

よーじっく

miyoko さん、こんぱんはぁ(^^)/

こちらにも、ご訪問とnice!をいつも感謝です。
ありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2010-01-07 21:19) 

よーじっく

mitu さん、こんぱんはぁ(^^)/

ご訪問とnice!、いつも嬉しいです。
ありがとうございます。!!!
by よーじっく (2010-01-07 21:26) 

よーじっく

シンシン。 さん、こんぱんはぁ(^^)/

こちらにも、ご訪問とnice!を感謝です。
ありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2010-01-07 21:28) 

よーじっく

エコピーマン さん、こんぱんはぁ(^^)/
コメントとnice!を、ありがとうございます。

作品の主旨ではないと思うのですが
男の哀れさが、何故か女性の強さを
浮き上がらせている気がする作品です。(^^ゞ
by よーじっく (2010-01-07 21:36) 

よーじっく

堺雅人が何故か胡散臭くなくて
哀愁があるんですよね。不思議です。

SOSEGON さん、こんばんはぁ(^^)/
いつもありがとうございます。

そう、満島ひかりってホルダーでしたよね。
私が意識したのは『プライド』からなんですが
色々な意味で、目力が印象的な女優さんですね。(^_^)
by よーじっく (2010-01-07 21:40) 

よーじっく

@ミック さん、こんぱんはぁ(^^)/

ご訪問とnice!を、いつも感謝です。
ありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2010-01-07 21:40) 

よーじっく

久遠 さん、こんぱんはぁ(^^)/

いつも、ご訪問とnice!をいただき
ありがとうございます。感謝です。!!!
by よーじっく (2010-01-07 21:41) 

よーじっく

shin さん、こんぱんはぁ(^^)/

いつもご訪問とnice!、ありがとうございます。
嬉しいです。!!!
by よーじっく (2010-01-07 21:42) 

よーじっく

アイスっこ さん、こんぱんはぁ(^^)/

ご訪問とnice!を感謝です。
ありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2010-01-07 21:42) 

よーじっく

寅次郎 さん、こんにちはぁ(^^)/

こちらにも、ご訪問とnice!、嬉しいです。
感謝です。m(__)m
by よーじっく (2010-01-10 11:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 6

※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます