SSブログ
ご訪問をありがとうございます。

『私の中のあなた』 (2009) [映画 (2009 鑑賞作品)]

Flixster - Share Movies

概要「アメリカの人気作家ジョディ・ピコーのベストセラー小説を、『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督が映画化。白血病の姉のドナーとなるべく遺伝子操作によって生まれた妹が、姉への臓器提供を拒んで両親を提訴する姿を通し、家族のありかたや命の尊厳を問いかける。主演のキャメロン・ディアスが初の母親役に挑み、両親を訴える次女役を『リトル・ミス・サンシャイン』のアビゲイル・ブレスリンが熱演。シリアスなテーマながら、主人公一家の強い家族愛が胸を打つ。」
  《 シネマトゥデイ 》 より

 泣かせる映画だと思って敬遠していたんだけれど、観てみたら泣かせる映画じゃなかった。

 とても冷静に映画を観ている自分がいた。とても冷静に考えている自分がいた。

 確実にこころに届く何かがあった。

 「何か」とは、人それぞれだと思うけれど、映画から自由に感じ取れるように、この作品は細心の注意を払って創られている。その思いが、押し付けがましくなく、静かに伝わってくる。

 白血病の少女とその家族の壮絶な闘い。登場人物は多いが、演出のアンサンブルとは、こういうことなんだなと感じた。両親も兄妹も、医師も弁護士も判事も、とても丁寧に描かれていて、監督の誠実さが伝わってくる。

 特に長男の影が薄いように思ったけれど、かなりアッサリと彼の葛藤と変化を、序盤でグサっと描いているのが印象的だった。

 で丁寧とは、適度な距離を持って描き分けるということです。人物に対して底が浅いと感じる人もいるかもしれませんが、重いストーリーなんでじっくりと描いていると、辛くなるばかりな気がします。

 母親役のキャメロン・ディアスは元弁護士という設定なんだけれど、「弁護士より母」という立ち位置を、かなりぎりぎりのところで、演じていたような気がします。結構、直情型のような気がしますが、ディアスの持つキャラクターのイメージに、その点では助けられているのかもしれません。

 お話が、いかにもアメリカ的な流れになってくるところも抵抗を感じないわけではないけれど、米国のテレビドラマに私が影響されているのか、余り違和感を覚えませんでした。

 といっても、米国の家族の絆と個人とのバランスのとり方が、なかなか私には理解できないことが多いです。で、絶対的な正解ってないんだよな、なんてことまで考えてしまいます。きっと、そこを踏まえたうえでさらっと描いている気もするし・・・。

 そう、この作品に私が物足りなさを感じるとするならば、歴然とした正解から生み出される「感動」を、必要以上に求めているからなのかもしれないと、ふと思いました。

Flixster - Share Movies

 今頃になって、予告編を見ると、グッときたりするんだよね。もしかしたら、映画を観ている時は、かなり余計なことを意識していたのかもしれないなあ・・・。



『私の中のあなた』
私の中のあなた [DVD]私の中のあなた [DVD]

Happinet(SB)(D) 2010-02-19
売り上げランキング : 1011

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『私の中のあなた』 オフィシャルサイト」


nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 10

よーじっく

xml_xsl さん、こんにちはぁ(^_^)/

いつも、ご訪問とnice!、感謝です。
ありがとうございます。
by よーじっく (2009-11-28 14:40) 

ジジョ

こんにちは☆
いろんな立場から、観れる映画でしたよね〜。
正解が1つじゃないところも、私は気に入ってます♪
海のシーンが美しくて、いまでも心に残ってマス。。
by ジジョ (2009-11-28 19:47) 

よーじっく

ちょっと観かたを変えただけで
いろいろ考えさせる作品でした。

ジジョさん、こんにちはぁ(^_^)/
nice!、コメント、そしてTB、ありがとうございます。

女性客の殆どの方は泣かれていました。
私は涙は出ませんでしたが、
いい作品だと心から思いました。

海のシーンは、ほっとする場面ですね。
私も好きなので、海のシーンの写真を
貼り付けました。(^_^)
by よーじっく (2009-11-29 09:43) 

よーじっく

takeshi さん、こんにちはぁ(^_^)/

ご訪問とnice!、嬉しいです。
ありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2009-11-29 09:45) 

よーじっく

@ミックさん、こんにちはぁ(^_^)/

ご訪問とnice!、ありがとうございます。
いつも感謝しています。m(__)m
by よーじっく (2009-11-29 09:46) 

SOSEGON

かなりヘビィーな内容なので、
観賞するには勇気がいる映画ですね。

臓器移植自体の考え方に、
日本とアメリカだはかなり格差があるので、
自分でもどんな感想になるのか興味があります。

こういう社会派の映画も観るべきですよね。
これも映画の役割のひとつだと思います。

by SOSEGON (2009-11-29 10:10) 

よーじっく

nexus_6 さん、こんばんはぁ(^^)/

ご訪問とnice!、嬉しいです。
ありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2009-11-29 20:53) 

よーじっく

真面目に描いていても、複雑で難しい問題を
扱った作品なので視点に不満を持つ人がいても
不思議ではない気もします。

SOSEGON さん、こんばんはぁ(^^)/
いつもありがとうございます。

デリケートな部分が大きい問題ですが
私は慎重に作られていると思います。
by よーじっく (2009-11-29 21:05) 

よーじっく

hash さん、こんにちはぁ(^_^)/

ご訪問とnice! 、嬉しいです。
ありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2009-12-07 15:25) 

よーじっく

みちる さん、こんぱんはぁ(^^)/
ご訪問とnice!を、ありがとうございます。嬉しいです。(^_^)
by よーじっく (2010-06-18 23:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。