SSブログ
ご訪問をありがとうございます。

『インビクタス ~負けざる者たち~』 (2010) [映画 (2010 鑑賞作品)]

Image2.jpg

チェック:ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説を、『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッド監督が映画化した感動のドラマ。反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く。主演は『ダークナイト』のモーガン・フリーマンと、『インフォーマント!』のマット・デイモン。新旧の名優たちが熱演する実話を基にした物語に胸が震える。  【シネマトゥデイ】 より
 この映画には、イーストウッド監督の描く、理想の世界があった。

 政治とスポーツの融合、って訳じゃないけど、そういうレベルを越えて、きっと人間として大きくなりたければ「赦す」ということが大事だと教えてくれる映画だった。

250 インビクタス2.jpg 国として大きくなりたければ、政治とスポーツの融合は、大きなチャンス。国民一人一人が、とてつもない理想に向かってまとまっていく姿が、背景となっているのが、この映画『インビクタス ~負けざる者たち~』。

 ラクビーのワールドカップ自国開催を成功させ、その証しとして、W杯での南ア・チーム、スプリングボクスの優勝を、象徴として残そうとするマンデラ大統領の努力。その、ほとんどはちょっとした心遣い、ちょっとした提案、そんな小さな行動が元になっていて、大統領なのにとてもいじらしくて、じわじわと胸に迫ってくる。

 主人公のマンデラ大統領を演じるモーガン・フリーマンの存在感が素晴らしい。一つ一つのエピソードを積み重ねながら、優勝への階段を着実に上っていく、イーストウッドの演出も素晴らしい。

インビクタス.jpg やはり、イーストウッドは、監督の「匠」かもしれないと思う。イーストウッド自身が、これはラグビー映画ではないと言っているように、スポーツ映画としては、ラグビーの面白さや本来の魅力は伝わって来ない。

 白人と黒人、大多数と少数。富と貧困。そんな対立しがちな存在を、まとめていこうとするマンデラ大統領の姿は、どこかイーストウッドに通じるところがあって、絶妙のバランスでこの映画は出来ている気がする。

 どちらの側に立っても、いささか不満は残るけれど、殆どこの映画の背景を知らなかった私には、とても微妙だけれど、絶妙な「匠」の技に、ただ感心するばかりだった。

 こんなこともあったんだよって、無知な私の意識を喚起するには、充分な作品だと思う。


 この映画を観る前に、舞台となった1995年ラグビーワールドカップの決勝戦の試合を、テレビで見ました。ただ、いろいろと考えがあって、前半だけ見てやめてしまったんですが・・・。

 今回見たCSのJSportsで放送された試合は、その解説が詳しすぎて、そんな当時の状況を知ってしまうと、この『インビクタス ~負けざる者たち~』の見方が変わってしまうほどに、インパクトがありました。そのうち、もう1回、感想を書いてもいいかなとは思いますが、今回は、そこらへんは、横に置いといて書きました。 





nice!(21)  コメント(27)  トラックバック(21) 

nice! 21

コメント 27

よーじっく

kaoru さん、おはようございます(^^)/

いつもご訪問とnice!を、ありがとうございます。
嬉しいです。!!!
by よーじっく (2010-02-14 08:13) 

よーじっく

@ミックさん、おはようございます(^^)/

ご訪問とnice!を、いつも感謝です。
ありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2010-02-14 08:14) 

よーじっく

mitu さん、おはようございます(^^)/

いつもご訪問とnice!を、ありがとうございます。
嬉しいです。(^_^)
by よーじっく (2010-02-14 08:14) 

よーじっく

シンシン。さん、おはようございます(^^)/

ご訪問とnice!を、いつも感謝です。
ありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2010-02-14 08:15) 

よーじっく

はっこう さん、おはようございます(^_^)/

ご訪問とnice!を嬉しいです。
ありがさうございます。m(__)m
by よーじっく (2010-02-14 09:39) 

よーじっく

miyoko さん、こんにちはぁ(^_^)/

いつも、ご訪問とnice!をありがとうございます。
嬉しいです!!!
by よーじっく (2010-02-14 11:14) 

よーじっく

ほりけん さん、こんにちはぁ(^_^)/

ご訪問とnice!を、いつもありがとうございます。
感謝です。(^_^)
by よーじっく (2010-02-14 11:14) 

よーじっく

久遠 さん、こんにちはぁ(^_^)/

いつも、ご訪問とnice!をありがとうございます。
嬉しいです!!!
by よーじっく (2010-02-14 13:40) 

よーじっく

xml_xsl さん、こんにちはぁ(^_^)/

ご訪問とnice!を、いつもありがとうございます。
感謝です。(^_^)
by よーじっく (2010-02-14 13:40) 

よーじっく

bee-15 さん、こんぱんはぁ(^^)/

いつもご訪問とnice!、ありがとうございます。
嬉しいです。(^_^)
by よーじっく (2010-02-14 17:36) 

wing_14

昔ラグビーをやってましたので、ラグビーの魅力は伝わってこないにしても興味あります^^
by wing_14 (2010-02-14 18:53) 

よーじっく

wing_14さん、こんぱんはぁ(^^)/
コメントとnice!を、ありがとうございます。

ラグビーの戦略とか、ダイナミックな面白さは
感じられなかったのですが、やってらしたのなら
見どころはきっと沢山あるんじゃないかと思います。(^_^)

そして何より、映画として、ツボを押さえていて
感動させてくれる作品です。
by よーじっく (2010-02-14 20:24) 

ジジョ

こんにちは☆
>絶妙な「匠」の技
わたしもそう思いました〜。
なんかすごいですね、、イーストウッド☆
by ジジョ (2010-02-15 06:24) 

アイスっこ

こんにちは。
クリント・イーストウッドって
すごい人だなぁって思いました。
かなり,淡々と事実を連ねて
いるのに,その事実がなによりも凄い。
観た後に色んなことを
考えさせられる映画ですね。
by アイスっこ (2010-02-15 14:36) 

よーじっく

kaedepapaさん、こんぱんはぁ(^^)/

ご訪問とnice!、嬉しいです。
ありがとうございます。!!!
by よーじっく (2010-02-15 21:18) 

よーじっく

genpati さん、こんぱんはぁ(^^)/

ご訪問とnice!を感謝です。
ありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2010-02-15 21:19) 

よーじっく

ジジョさん、こんばんはぁ(^^)/
コメントとnice!をありがとうございます。

イーストウッドの監督作は、いい映画ばかりですね。
正攻法でここまでしっかり創れることに驚きます。
脚本をはじめ、スタッフのレベルも一流だからこそ
可能なんでしょうね。きっとすごい人脈と、
イーストウッドの人徳、ですね。(^_^)
by よーじっく (2010-02-15 21:28) 

よーじっく

アイスっこさん、こんばんはぁ(^^)/
コメントとnice!をありがとうございます。

淡々としていても、じわぁ~とくる
観客の心の掴み方を会得しているとしか
思えない、すごい監督だと思います。
by よーじっく (2010-02-15 21:31) 

Labyrinth

(^_^)ノ こんばんは。
nice!&コメントどうもありがとうございました。
う~ん やはり “匠”の技ですよね~(^_-)b
モーガン・フリーマンもさすがの自然体で出色の出来でしたね。
本当に心地良い空間でした。
by Labyrinth (2010-02-22 01:06) 

よーじっく

Labyrinth さん、こんにちはぁ(^_^)/
コメントとnice!をありがとうございます。

マンデラ大統領の顔を知っているのに
モーガン・フリーマンがいつのまにか
ホンモノに見えていました。(^_^)

イーストウッドは、匠と評する段階まで
来ちゃってますね。すごいです。
by よーじっく (2010-02-22 12:15) 

てくてく

とても観やすい映画で、
素直に感動できました。
その観やすさも、
イーストウッドの“匠”の技ですね~^^
by てくてく (2010-02-23 02:39) 

よーじっく

てくてく さん、こんにちはぁ(^^)/
コメントとnice!、ありがとうございます。

とてもなめらかに、感動まで導いてゆく
演出は、憎いぐらいに素晴らしいですね。

マンデラの過去を、マンデラ本人の回想では
描いていないところも、「匠」ですね。
by よーじっく (2010-02-23 13:14) 

よーじっく

wing さん、こんにちはぁ(^_^)/

ご訪問とnice!をありがとうございます。
感謝です。(^_^)
by よーじっく (2010-02-25 16:31) 

丹下段平

イーストウッドが名監督だと再認識させられました。でも、もう少しダークなものを期待してしまったんですけどね。
by 丹下段平 (2010-02-27 14:00) 

よーじっく

丹下段平 さん、 こんにちはぁ(^_^)/

マンデラ大統領の人間性の細やかなところは
わかるのですが、政治力や「数の論理」みたいのものは
出てこないので、その点では確かにダークな部分は
ないですね。

でも、グサッときたり、迫力とかが、骨抜きにされてるのに、
何故か不思議と感動させられてしまいます。

映画の組み立て方が、神業としか思えない。
イーストウッドの絶妙な「さじ加減」ですね。
コメントとnice!をありがとうございます。
by よーじっく (2010-02-27 15:38) 

よーじっく

kantoku さん、 こんにちはぁ(^_^)/
ご訪問とnice!をありがとうございます。
嬉しいです。!!!
by よーじっく (2010-03-05 18:14) 

よーじっく

alba0101 さん、こんにちは
ご訪問とnice!をありがとうございます。感謝です。(^_^)
by よーじっく (2011-09-04 09:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 21

※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます