SSブログ
ご訪問をありがとうございます。

『バーン・アフター・リーディング』 (2009) [映画 (2009 鑑賞作品)]

 ふざけた映画だった。かなり、ふざけた映画だった。

 でも、結構、楽しめた。私には合っているタイプの映画なのかもしれないです。

Flixster - Share Movies


 ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、ティルダ・スウィントン、う~ん、かなりそそられます。で、ポスターには、クライム・エンタテイメントなんて、書いてあります。

 おぉ、豪華キャスト共演で、『ノーカントリー』でアカデミー賞作品賞を受賞したジョエル、イーサン・コーエン兄弟監督作品なんだあ、期待しちゃうなあ。

 犯罪映画だもんね。結構、スリリング?、結構、複雑?。でも、おバカ映画とも、予告編では言っていたような・・・。

 で、やっぱり、おバカ映画でした。登場人物も、かなりおバカですが、作品自体もかなり、おバカです。

Flixster - Share Movies


 なんか、スケールが小さいです。でも、CIAとかロシア大使館とか出てくるんで、お話としては一見、スケールが大きそうに見えるんですが・・・。

 なにせ、タイトルがBurn After Reading なんですから、「読んだら焼却」、いかにもスパイ映画な題名です。でも、この映画、「見たらすぐ忘れてね」みたいな、ノリなんです。まっ、そういう意味でもあるんですね。

 お話は、「読んだら焼却」しないで、お金儲けをしようと企んだヤツが引き起こす、ハチャメチャなコメディーです。登場人物全員、身から出たサビと言われたら、言い返せないようなヤツばっかり、で、お話はこんがらかって、どうなっちゃうの、みたいな展開になっていきます。

Flixster - Share Movies


 でも、見ていて、ハラハラもドキドキもしません。まして、サスペンスなんてカケラも感じません。音楽は、完璧にスベってます。というか、スベっているのに、勝手に盛り上げていきます。

 全部、承知でやってんだよね。敢えてスベるように、ワザとスベって見せてくれます。

 これは、センスというか、感覚の問題なんで、ノレなかった人が、「最低の映画」って、評価しても、別に問題はないと思います。そういう、作品なんですから。

 で、この作品、導入部は、登場人物たちをそれぞれ丁寧に紹介しながら進んでいくんですが、これがアキレるほど、退屈。私など、映画館を出ようかと思ったぐらい、つまらない描写というか演出に終始するんですね。

Flixster - Share Movies


 でも、それさえ、乗り越えれば(なんか、監督にバカにされているみたい・・・)、結構、楽しくおバカ映画を満喫できます。残念ながら、そこを乗り切れなかった人は、絶対、後半も楽しめないんで、敢えて見る必要はないです、って監督は、言っているような気もします。

 そうそう、おバカ映画と書きましたが、決してテンションは高くないです。「怒涛の如く、話がもつれていく」みたいな爽快感もありません。

 あくまでも、「見たら忘れてね」の、とっても、身勝手な作品です。いわば「出来の悪い子ほどかわいい」って、感じの映画です。
 




 【 転載 2009-05-08 06:45:05 】
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。